2019年03月15日 16:14
9

ビジネスVR最大手のナーブは、ギガプライズと協力して展開しているVR不動産接客店舗「どこでもストア(R)」を活用し、離れた地域から東京・神奈川・名古屋・大阪の賃貸物件をバーチャルに内見できる「バーチャル店舗」の実証実験を、全国12都市に設置。3月より開始する。

従来であれば、時間と費用をかけて現地の不動産会社を訪問し、限られた時間内に結論を出さなければならないが、VR技術を活用した本サービスなら、地元に居ながらにして、思う存分、自分好みの部屋探しが可能。引っ越し前の忙しい時期に、物件まで移動する時間や費用をかけることなく、気軽に納得のいくまで、様々な物件を内見することができる。

全国12都市・計14カ所(東京2、札幌、仙台、さいたま、千葉、横浜、名古屋、大阪、京都、神戸、広島、福岡2)からスタート。スタート時に閲覧できる物件は、東京都内・神奈川県内の一人暮らし用の物件だが、実証実験の期間中にも順次、取扱数を増やしていく予定。詳しくはこちら