2019年03月15日 12:56
3

多言語求人プラットフォーム Hopper(ホッパー) が、一部の機能を除き、3月15日より日本のあらゆる企業・団体向けに無償提供を開始した。

Hopper は、多言語求人ページを最短5分で作成し、世界中の求職者と言葉の壁を超えたマッチングを実現できるクラウド型求人サービス。Hopper で作成・翻訳した求人情報は、各言語のインターネット検索に最適化されるため、外国人求職者はインターネットを通して、自分の母国語で検索・観覧・応募することができる。日本語で求人情報を修正すると、既に翻訳した他の言語のページも自動的に再翻訳されるが、自動翻訳した求人ページに問題がある場合、採用担当者は翻訳した全ての内容を手動で人力翻訳に置き換えることが可能。

また、多言語メッセージング機能により、メッセージをリアルタイムで自動翻訳。採用担当者と応募者、共に母国語でやりとりを行うことができる。