2019年04月16日 17:52
12

伊予銀行は、ワウテックの提供するビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を導入した。

同銀行では、業務の中での「外部とのコミュニケーション」というと、通常は電話が主流であり、内線電話においても取次や情報共有の時間的なロスが発生するという課題を抱えていた。また、顧客情報や金融・為替に関する情報を取り扱う銀行ならではのセキュリティの観点から、情報漏えいなどを避けるためインターネット環境を厳格に制限しており、その点についても大幅な見直しが不可欠だと感じていた。

そこで同行では、WowTalkを導入。個人向けアプリのような感覚で利用できること、ログの保存期間と容量がトーク送信から30日間/50GBと他社と比べて優れていること、利用範囲を限定でき、セキュリティ対策に関する機能が充実している点が、導入時に決め手となったという。詳しくはこちら