2018年12月14日 14:02
2

電子書籍販売サイト「eBookJapan」を運営するeBookJapanは、2018年上半期にeBookJapanで最も読まれたマンガ・小説を各ジャンル別およびトレンド別などで集計、発表した。

それによると、「総合」および「少年・青年マンガ」部門 売上ランキングは、1位が「進撃の巨人」(諫山創)、2位「キングダム」(原泰久)、3位「転生したらスライムだった件」(原作:伏瀬 漫画:川上泰樹 キャラクター原案:みっつばー)となった。注目は、昨年ランク外からの急浮上となる「転生したらスライムだった件」。いわゆる「異世界転生もの」の代表的な作品で、小説投稿サイトで生まれたのち書籍化・コミカライズによって間口を広げ、2018年秋から待望のアニメ放送も始まったことで、いよいよ人気に火が付こうとしている。

「少女・女性マンガ」部門売上ランキングは、1位「ヲタクに恋は難しい」(ふじた)、2位「ちはやふる」(末次由紀)、3位「凪のお暇」(コナリミサト)となった。詳しくはこちら