2020年02月12日 16:55
3

スワロフスキーは、クリエイティブ・ディレクターでもあるジェイソン・シャーウッドとコラボレーションし、2月9日夜(日本時間10日午前)に行われた第92回米アカデミー賞セットのデザインに輝きを加えた。スワロフスキーにとって、アカデミー賞の舞台を光り輝かせるのは今年で13回目、ジェイソン・シャーウッドにとっては初めてデザインしたアカデミー賞の舞台セットとなる。

スワロフスキーが手がけたセットの主な3つの特徴には、クリスタル・インナー・スパイラルとクリスタル・クローズダウンが含まれており、そこにクリスタル・カーテンとクリスタル・タワーが組み合わさり、40,000個以上のスワロフスキー・クリスタルが輝いた。

クリスタル・インナー・スパイラルは、クリスタル・カーテンで装飾された1,100ポンドになる渦巻き状の構造のオブジェ。精密にカットされた12,000個のスワロフスキー・クリスタルが通された何百ものクリスタル・ストランドが、ステージ中央に魅惑的な明るさと光度をもたらした。また、クリスタル・クローズダウンは、600ポンドの目もくらむようなクリスタル・カーテンと、28,000個以上のスワロフスキー・クリスタルを使ったクリスタル・タワーを組み合わせたもの。

スワロフスキーの銀幕における歴史は、85年以上前のハリウッド初期にまでさかのぼり、近年は、「ロケットマン」「ボヘミアン・ラプソディ」や、ディズニーが手掛けた「美女と野獣」などの作品にスワロフスキー・クリスタルが登場している。