2017年07月14日 16:25
10

小田急電鉄は、2018年3月に予定しているダイヤ改正から、朝方に運転する特急ロマンスカーの総称として使用する愛称を決定した。約16,000件の応募の中から選ばれたのは、「モーニングウェイ号」(東京メトロ千代田線直通は「メトロモーニングウェイ号」)。

朝の通勤に、座って快適な時間を過ごしてもらえることが想起できること、現在夕夜間に運転している特急ロマンスカー「ホームウェイ号」と対になり、分かりやすいこと、応募名称数第1位で、利用者多くの支持があったことが選考理由として挙げられた。

同社では、複々線完成に伴い、2018年3月のダイヤ改正から、平日朝方通勤時間帯に運転する全席指定制の特急ロマンスカーの本数を、現在の7本から11本に増発する。昨今の通勤時における着席ニーズの高まりに対し、新たな愛称で、より便利で快適な輸送サービスを提供していくとしている。詳しくはこちら