2016年01月27日 13:13
2

幼児・小学生・中学生対象の理科実験教室のサイエンス倶楽部では、日本人科学者のノーベル賞受賞を記念して、特別企画「センサでGo!」を開催する。

先日、梶田隆章東京大学宇宙線研究所教授は「ニュートリノ」に質量があることを証明し、ノーベル物理学賞を受賞した。理科教育を通して未来を担う子どもたちを育てている「サイエンス倶楽部」では、この偉業を機に世界に誇れる研究成果を子どもたちに知ってもらおうと、記念企画を開催。ニュートリノ自体の研究は小学生には難しいので、今回は自分で電子回路を組み動かしながら光センサを学ぶことで、見えないものをキャッチする術を体験する。

対象は小学生(1~3年生 / 4~6年生の2コースにて実施)。開催日時は2月11日~3月31日(教室により異なる)、所要時間は90分で、参加費用6500円(サイエンス倶楽部会員は5000円)。

各教室への申込はこちら