2020年06月30日 18:23
3

アルクは、新刊「英会話日常表現活用ドリル2000+」を6月29日発売した。

アルクは、1969年4月の創業以来、半世紀にわたって、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた語学教育総合カンパニー。

本書では、日常生活に絶対必要な233パターンを徹底練習。「I’m just about to ~.(ちょうど~するところです)」、「Can I ask you to ~?(~していただけますか?)」など、パターン別に日常英会話の基本表現を学ぶ。パターンの数は233。英語のネイティブスピーカーが、家族、友人、同僚、店員などとの会話で多用する、絶対必要、最小限のパターンとなる。それぞれの必須パターンのページでは、必須パターンの意味・用法を学ぶ、必須パターンを使った2往復の会話例を聞く、必須パターンを10通りに言い換えていくパターンプラクティスの順番に学び、定着を図る。

収録時間4時間半のダウンロード音声には、233パターンの会話例、言い換え練習とReviewを収録。付属の赤シートで書籍の言い換え練習用の英文を隠して、正解を考えた後に、音声を聞くこともできる。233の必須パターンは、「I’m ~.」、「Are you ~?」などの文例、like、thinkなどの基本動詞、「What ~?」、「Who ~?」などの疑問詞別に分類されているので、その分類基準を基に、関連付けてマスターすることができる。

英会話日常表現活用ドリル2000+」は2200円(税込)。