2019年06月18日 16:05
9

Kasperskyのエキスパートは、Googleカレンダーに不正かつ一方的に送られてきた通知を表示して、標的にしたユーザーから個人情報を引き出そうとする高度な詐欺のケースを複数発見した。

今回発見された手口は、多くのメールサービスについているカレンダー機能を悪用したもので、「カレンダーフィッシング」と呼ばれている。5月の1か月間に、Googleカレンダーで複数の一方的なポップアップ通知が発生した原因は、詐欺師が一斉に送信した高度なスパムメールであることがわかった。

検知したサンプルのほとんどで、受信者がリンクをクリックすると、賞金が用意されたアンケートサイトにリダイレクトされ、賞金を受けとるために、受信者は個人情報の入力を求められる。このデータは詐欺師に直接送られ、金銭やさらなる個人情報の窃取に使われる。詳しくはこちら