2018年07月12日 06:34
4

10月24日、日本橋三越本店が再開発(リモデル)により、第一期グランドオープンする。

三越伊勢丹グループでは、3ヶ年計画(2018年~2020年度)において、「収益体質の強化」と「事業構造の転換」の2軸を掲げている。持続的な成長に向けた重要戦略の1つとして、グループ最大の強みである世界有数の魅力ある都心部に立地した基幹店への経営資源の集中により再活性化を進め、独自性を磨き上げる事でグループ価値の最大化を図っていく。

第一弾として2017年から日本橋三越本店の第一期再開発に着手し、利用客一人ひとりの期待を超えるおもてなしのスペシャリティストアを目指して10月24日にグランドオープン。第二期は2019年度内の完成を目指し、新しい日本橋の魅力を発信していく。

第一期再開発の対象ゾーンは、新館1階(特選)、本館1階(化粧品、雑貨、特選)、本館3階(一部)、本館5階(ラウンジ他)となり、顧客向けラウンジやおもてなし拠点となるウェルカムゲートを新設し、よりパーソナルな接客体制を整える。