2018年07月11日 14:56
3

スカイマティクスとウォーターセルは、スカイマティクスが提供する「いろは」と、ウォーターセルが提供する「アグリノート」のシステム連携を目的とした取り組みを開始した。

「いろは」は、ドローンで撮影した農地の画像をインターネット上で管理・診断することができるクラウドサービス。大容量の画像・情報を圃場ごとにクラウドに保存し、いつでもどこでも簡単に農地や作物の状態を確認することが出来る。一方「アグリノート」は、農場を航空写真マップで可視化し、農作業および圃場の管理やスタッフ間の情報共有をサポートする営農支援システム。PCブラウザのほか、専用のアプリを利用することで、スマートフォンやタブレットからも農作業記録や作物の生育記録の入力・閲覧ができる。

二つのサービスの連携により、アグリノートが記録する日々の営農情報にドローンが空から取得する視覚情報が加わり、栽培経過をより正確に把握し、且つより鮮明に残すことが可能となった。