2018年05月17日 14:15
5

繊維専門商社の豊島は、フランス「ミュルーズ染織美術館」収蔵柄を使用した商品を、アパレルブランド「MEDE19F(メデ ジュウキュウ)」から、5月18日より「MEDE19F」WEBサイトにて発売開始する。

「ミュルーズ染織美術館」は、室内装飾・服飾のデザイン画や染織見本を中心に、欧州だけでなく広く世界中の染織資料が約600万点も収蔵。同社では、ミュルーズ染織美術館のマスターライセンシーである寝装大手の西川産業と契約し、日本で唯一そのアーカイブスを活用したアパレル関連商品をOEMで生産、展開している。

今回販売されるのは、今年の春に大好評だった「ミュルーズ染織美術館」収蔵柄を使用したワンピース。夏向けのロング丈プリントワンピースを含めた3アイテムで、18~19世紀当時の見事な職人技がうかがえる緻密なプリントを、現代の技術でできるだけ忠実に再現した。ウエストに2本リボンが通されたデザインで、両サイドでリボンを絞ることで印象的なシルエットの変化を楽しむことができる。