2024年04月04日 09:03

ハナロロの環境に配慮した取り組み「SDBs」が、あいちサービス大賞特別賞を受賞した。この受賞は、地域社会と環境に対する長年の取り組みが評価されたものであり、今後もハナロロは持続可能な未来への貢献を続ける。

「ハナロロクッション・ソファの店(ハナロロ)」は、「プラスチックのない海を目指す」をコンセプトに2021年より取り組んでいる。全国のビーチにある発泡スチロールのごみを子供たちと回収し、ハナロロの技術でサーフボードに加工。そのボードで子供向けのサーフィンスクールを実施している。サーファー仲間やサーフボードを制作する職人にも、想いを伝えて協力してもらっている。

ゴミ拾いだけではなく、拾ったものがサーフボードになり、そのボードで波に乗ることを体験してもらう。この活動に関わってサーフィンを体験することが、環境について考えるきっかけになってくれたらと願っている。

また、ハナロロの看板商品、ビーズクッションをアレンジして子ども向けのワークショップを行っている。「裁断ロス」と呼ばれる本来破棄される生地や、使用後のビーズを使ったぬいぐるみに、色を塗ったり端切れを貼ったりして自分だけのオリジナルぬいぐるみをつくろうという内容だ。ワークショップは地元岡崎市のイベントやマルシェなどで不定期開催している。

2021年2月15日からはビーズクッションの回収を開始。これまでに楽天などのネットショップを通して、1000個(2トン)以上廃棄ビーズクッションを回収している。