2022年12月09日 15:59
d80611-47-ddedbc0f62a25636c833-0

EDITORSは、我が街の暮らしを3倍楽しめる街本シリーズ最新作「八戸本」(発売元:二見書房)を12月、発行する。

「八戸本」は、「街ラブ本シリーズ」の最新刊。「街ラブ本シリーズ」とは、2012年刊行の「町田本」を皮切りに、全国80以上の都市を舞台にエイ出版社から発行されてきたインナーガイドブックだ。今回の「八戸本」を制作したEDITORSは、2021年2月に民事再生の手続きを行ったエイ出版社から「街ラブ本シリーズ」「世田谷ライフ」「湘南スタイル」「ハワイスタイル」など、エリアに特化した出版事業を譲受した後継会社。制作陣も、これまでの「街ラブ本シリーズ」を制作してきた編集部が担当している。

この「八戸本」は、東北地方では「盛岡本」「福島本」に続いて3冊目の刊行になる。編集部としても、この本を出版することには強い想いがあった。食材の宝庫である八戸ならではのグルメ、青森県内の国宝がすべて八戸に集結している謎、地元愛にあふれたキーパーソンたち…。「八戸には、海よりも深い魅力がぎっしり詰まっている!これは私たちが最高の一冊にしなくては」。そう思い、八戸出身の編集者を中心に制作を進めてきた。観光が目的の本ではなく、八戸に暮らす人、八戸で働く人、八戸を故郷に持つ人、八戸を愛するすべての人、「地元の人にこそ読んでほしい!」というコンセプトで世に送り出す。近くにいたからこそ気づかなかった、この街の魅力を、この一冊を通して再発見できる。

定価は1000円(税別)。発売日は12月。書籍の購入はAmazon、青森県内をはじめとした全国有名書店。

Amazon