2022年12月01日 09:34
2

Swell(スウェル)は、bloom-postの新たな機能として、香典ダイレクト受取りシステム、ならびに返礼品注文システムの開発を完了した。

香典返しは、香典を葬家(喪主)が参列者から受け取り、受け取った金額に合った「半返し」を葬家から行うのが慣習で、葬家は誰からいくらの香典を受け取り、いくら分の香典返しが必要かという集計や、香典に応じて返礼品の手配をする必要があった。葬家としては、この手間や相手側の負担を考え、辞退してしまうケースが多くあった。

全国の「香典辞退」は約3割。近畿地方の「香典辞退」が約5割。実際に喪主や葬家になったことがある男女1096名を対象にインターネット調査を行ったところ、全国の香典辞退の割合は約3割で、近畿圏では約5割近くが香典を辞退をしていた。全国の香典辞退の理由は「香典返しが大変」と「負担をかけたくない」そして「なんとなく」という回答もあった。近畿地方では「香典返しが大変」が香典辞退の一番の理由であった。

bloom-postは、同プラットフォームを使って参列側が香典を送ると、葬儀社を通さずに直接葬家に香典が届く仕組みにアップデートした。この仕組によって葬儀社は葬家に代わって香典を預かることもなくなり、葬儀社、葬家ともに現金を扱うリスクがなくなるというメリットがある。

bloom-postを使うことにより、葬家は香典の現金を扱うことや、香典をもらった人のリストの管理をする手間がなくなり、bloom-post上でワンストップで返礼品の手配が可能となる。