2022年11月25日 19:21
7

産経新聞は、「ソードアート・オンライン」(SAO)をテーマにした美術展「THE ART OF SWORD ART ONLINE(ジ・アート・オブ・ソードアート・オンライン)」を、ひらかたパーク・イベントホールIIで2023年1月9日まで開催。新たな展覧会オリジナル商品として、ご当地イラストを使用したグッズや同展メインビジュアルを使用した「クリアファイル&ホルダーセット」など、大阪会場から追加された商品も会場で販売する。

放送から10年の歴史を繋ぐ同展は、キャラクターの初期ラフ画、絵コンテ、原画など初公開となる資料を含む約1000点を展示している。

同展の解説が聞ける音声ガイド(800円/税込み)は、SAO歴代アニメーションプロデューサー3名が出演。グッズコーナーでは、展覧会オリジナルグッズを販売。大阪会場からの新たなグッズとして、キリトたちのご当地イラストを使用したアクリルチャームセットやステッカー、豆皿のほか、同展メインビジュアルのクリアファイルと、クリアファイルを最大48枚コレクションできるホルダーがセットになった「クリアファイル&ホルダーセット」などが追加されている。

会期は11月19日~2023年1月9日。*休業日あり。当日券は2200円(税込)、グッズ付入場券(オリジナルケース&ノートセット)は、当日券が3800円(税込)。未就学児は無料(入場には高校生以上の保護者の同伴(有料)が必要)。

当日券は、ローソンチケットおよびひらかたパーク窓口で販売中。グッズ付き入場券はローソンチケットのみの販売。