2022年11月24日 09:05
d5541-378-adc21d23bca244bf3e7e-0

メットライフ生命保険は、11月11日に宮城県大崎市のエコラの森内の「メットライフ財団の森」で、社員による年間目標1000本の広葉樹の苗木の植林を達成した。

エコラの森は、乱伐され荒廃した森林で、NPO法人しんりんが、森の再生活動に取り組んでいる。2022年以降、メットライフ財団の寄付により、植林されるこのエリアを「メットライフ財団の森」(約0.4ヘクタール)と名付け、3月から活動を開始したもので、来年以降も社員による植林や保全活動を行う予定だ。今年累計100人の社員ボランティアが植林活動に参加した。また、森の建築端材を無駄にすることなく活用する目的で、社員ボランティアが3400膳の「きこり箸」の仕上げ作業を行い、全国の児童養護施設や子ども食堂等に寄贈する。

これらの取り組みは、メットライフ財団からの支援により、日本環境教育フォーラムと協働して実施しているもので、健全な森林育成を通じた環境保護活動を目的とした「環境保全」「ボランティア」「環境教育」からなる「100年後に生きる子ども達に感謝される森づくり」プログラムの一つ。参加した社員からは、植林活動で環境への意識が高まった、一連の取り組みを通して子ども達への社会貢献ができて嬉しかった、といった声も多数寄せられ、社員のモチベーション向上にもつながる取り組みとして定着している。

メットライフ生命保険