2022年11月16日 15:07
2

紀伊乃国屋を代表幹事とする「鋸山と内房の海:事業者連携」は、11月12日・13日の2日間、鋸南町元名海岸で内房地域初にして最大規模のスカイランタン&キャンドルナイト「海辺の時間」を開催。イベントには地域の住民を中心に、累計800人が来場した。

イベントの一番の目玉であるスカイランタンの打ち上げは、12日の18時に実施。リリースセレモニーは2000個のキャンドルが彩る海岸沿いで行われ、多くの人が参加した。30名以上の地域の幼稚園生と小学生による「願い」の発表を合図に、200基のスカイランタンが一斉に打ちあがった。

また、整備されたビーチデッキにはゆっくり過ごせるようなベンチやテーブルを設置。波の音に癒されながらくつろいでいる人も。海辺には流木や地域資源を活用したオブジェを設置。特に目玉となるハート形のモニュメントは、写真スポットとしてSNSでも拡散された。加えて、地域食材を使った料理から話題の鋸南町初出店料理まで、地域に所縁のあるフードトラックが6店舗出店。短冊&絵付け体験やビーチグラスアート体験などのワークショップでは、大人から子供まで楽しんでいる様子が見られた。

千葉県観光コンテンツ高付加価値化促進事業として実施した今回のイベントを通し、多くの人が、鋸南町や鋸山エリアの地域資源や新しい魅力を感じることができた。今後も紀伊乃国屋は鋸南町の観光再活性化や海岸利用の促進に向けて事業を展開し、地域の魅力づくりに貢献していくとしている。