2022年08月17日 10:02
d105347-2-ad783a7be1c9a4fabedc-4

内閣府地方創生推進室は、主催する「地方創生☆政策アイデアコンテスト2022」に先駆け、第1回オンラインイベント「地方創生☆政策アイデアコンテストの紹介」を8月24日に開催する。

「地方創生☆政策アイデアコンテスト」は、RESASやV-RESASを活用した地域課題の分析を通じて、地域を元気にする政策アイデアを募集するコンテスト。地方創生やデータ利活用に関心を持つ地方公共団体、民間企業等の社会人や学生の人など、誰でも応募が可能だ。12月10日に開催される最終審査会では、応募者が審査員に対して直接プレゼンテーションを行う。今回のコンテストは、RESASやV-RESASを使って、自分が関心を持つ地域や故郷の現状を知り、さらに地域の未来をどう作っていくのか、考えてもらう機会となる。

第一回オンラインイベント「地方創生☆政策アイデアコンテストの紹介」では、データを使ってどのように課題を見つけるか、解決策を考えるかについて、データ活用のフレームワークや事例など、具体的に話しを聞く。また、地方創生☆政策アイデアコンテスト2021優秀賞を受賞したツナガルドボクさんが登壇。過去にどんなアイデアが選ばれたのかを見れば参考になるのはもちろん、受賞者の生の声によってコンテストのイメージがより鮮明になる。

オンラインセミナーはコンテスト開催期間中、随時実施。次回は9月2日を予定。アイデアの練り方、データの使い方など、役立つ情報盛りだくさんのコンテンツを計画中だ。

費用は無料(事前申込制)。日時は8月24日18時~19時。場所はZOOMウェビナー。

申込みはこちら