2022年08月05日 12:09
1

大阪市に本社がある老舗の花火会社「葛城煙火」より、独自のアンケートを基に「お客様目線」で開発した「CANPING HANABI」。6月1日に販売開始し、現在グランピング施設・キャンプ場、アウトドアショップ、雑貨屋、本屋、ネットショップなどで好評販売中。

本製品は、キャンプ・アウトドア市場に特化した画期的なコンセプトの手持ち花火。特徴としては、煙や音を減らし周りの環境に配慮した花火ラインナップや、お洒落なデザイン。夏の風物詩である手持ち花火。ついつい周りの目が気になりがちだが、CANPING HANABIであれば「静か」で「煙が少ない」ので、小さな子どもでも安心して楽しめる。日本パッケージデザイン大賞に入選したシンプルかつ環境に優しいおしゃれなパッケージは、今までにないアウトドアシーンにピッタリなおしゃれな外装。

また地球環境に配慮し、プラスチック素材などを一切使用せず、パッケージ全て紙素材。ビニールやテープは使用しておらず、外装も花火本体も燃やせる素材のみで作られているため、焚火で全て燃やして帰れるのでゴミの後始末が容易。

商品ラインナップは、ススキの穂のように長い尾をもつ火花を噴出するススキ花火、球体の火花を四方八方へ散らすスパークラー花火、線香花火。本製品は、従来の花火を販売している先には一切流通させず、新しい市場を開拓する商品として全国で販売している。詳しくはこちら