2022年01月18日 16:00
8

学校法人岩崎学園とA.G.A.は協働し、横浜の新たな名物を生みだすため「Polytope Project IWASAKI(ポリトーププロジェクトイワサキ)」の活動を、今年度より開始した。本プロジェクトには、神奈川県在住の小学生(4~6 年生)15名と、岩崎学園で、IT やデザイン、ファッション、保育などを学ぶ専門学校生14名が参加。地元企業と連携して、一から商品開発を行った。

この度、1月29日の1日限定で、完成した商品「横浜ローズチョコレート」を発売する。発売場所は、「高島屋横浜店」「タカシマヤフードメゾン新横浜店」「みなとみらい線みなとみらい駅」で、各売場100個限定発売となる。当日は、商品開発を行った、小学生計15名と専門学校生計14名が各売り場に分かれて店頭に立ち、来店客への声かけや接客・販売を行う。

「横浜ローズチョコレート」は、県外・市外の人々が主なターゲット。神奈川・横浜の魅力を伝えるため、横浜市の市花である「バラ」をテーマとしている。一口サイズのチョコレートになっており、バラにはリラックス効果があることからも、バラの花びらやバラのジャムなどバラを様々な形で取り入れ、見た目や味、匂いも楽しむことが出来る商品となった。

新名物の開発に際しては、小学生と専門学校生が主体となって、2021年8月から半年をかけて取り組んだ。また、「横浜イングリッシュガーデン」で実際にバラを観察し、「横浜フランス菓子 プチ・フルール」から商品開発のノウハウのレクチャーを受けるなど、地元企業と一体となって開発した。