2022年01月18日 12:51
3

GMOインターネットグループは、1月22日より、アートスペース「世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公」にて、バンクシーの「Love Is In The Air(花束を投げる暴徒)」を公開する。これにより「Girl with Balloon(風船と少女)」と「Bomb Love Over Radar」を含めた、バンクシーの3作品を同時に鑑賞できることになる。

「Love Is In The Air(花束を投げる暴徒)」は、イギリスのマンチェスター市立美術館で10年以上にわたって公開展示されていた重要作品。また、バンクシー自身によって木製の板にスプレーペイントされた、世界に1点しか存在しない作品でもある。

「Love Is In The Air(花束を投げる暴徒)」といえば、パレスチナ・ベツレヘムに制作された巨大壁画が有名。しかし本作品は、この巨大壁画よりも制作年代が早く、花束を投げるテロリストのモチーフの起源となる最初期の作品とされている。

「世界一小さな美術館@GMOデジタル・ハチ公」は、GMOインターネットグループ第2本社が入る「渋谷フクラス」2階の、作品と空間・体験が一体となったアートスペース。本美術館では「Banksy Artworks from Masatoshi Kumagai Collection(バンクシー展)」と題して、すでに2作品を展示し、多くの人に楽しまれてきた。なおすでにこれまでの作品を鑑賞した人には、第3弾展示の「無料ご招待メール」を順次送付する。