2022年01月13日 19:00
10

ロワジールホテル 那覇とロイヤルパインズホテル浦和は、1月24日~2月28日の期間限定で、沖縄黒糖応援プロジェクトとして、沖縄黒糖フェアを開催。期間中は両ホテルで、沖縄黒糖を使ったスイーツなどの新商品をテスト販売する。

沖縄県を代表する特産品の一つである沖縄黒糖。その原料であるサトウキビの栽培や黒糖の製造は、沖縄本島ではなく、周辺の8つの離島でのみ製造されている。中でも黒糖製造量全体の4割を占める多良間島は、日本一の黒糖生産地域として、さとうきび栽培は島の基幹産業の一つ。

しかし、昨今のコロナによる飲食店やお土産品店の集客減の影響や、輸入黒糖の増加等により、沖縄黒糖の消費は減少。沖縄県黒砂糖協同組合に加盟する製糖工場の在庫は5768トン(令和3年9月末時点)となり、大量の在庫を抱える状態に。このままでは製糖工場の経営悪化により、今の島民の暮らし自体が維持できなくことも考えられる危機的状況となっている。

このような現状から、ロワジールホテル 那覇では、沖縄離島の暮らしを守るべく、沖縄黒糖消費拡大を目的とした「沖縄黒糖応援プロジェクト」を始動した。そして沖縄県より認定を受け「令和3年度沖縄黒糖販路拡大推進事業」による助成を受けながら、素材の良さを活かした新商品を開発。「沖縄黒糖フェア」を開催する。ロワジールホテル 那覇ではドリンク2種、スイーツ2品とパン1種、総菜1品 。ロイヤルパインズホテル浦和ではスイーツ3品とパン3品、各ホテルで新商品をテスト販売し、黒糖のおいしさを広める。