2022年01月12日 12:00
1

南三陸町観光協会は、チリと南三陸町の絆の象徴である「モアイ像」をお土産サイズにしたミニモアイ像の色塗り体験を、1月20日より提供開始する。

モアイ像は、1960年のチリ地震以降友好関係にあったチリから1991年に絆の証として、南三陸町内に設置されており、町のシンボルとして親しまれていた。しかし、2011年の東日本大震災時に流出。その2年後にイースター島から世界で初めてモアイ像が寄贈され、南三陸の復興とチリとの絆を象徴する由緒ある町のシンボルとなっている。

目の入ったモアイ像は世界で2体しかなく、とても貴重な存在。昨年は、TBSテレビ「世界ふしぎ発見!」にて、モアイ像と南三陸町の関係が放送され、さんさん商店街内にあるモアイ像を目指す観光客の数も増加。そこで、南三陸町観光協会では、モアイ像をより身近に楽しんでもらおうと、新しく「モアイ像の色塗り体験」と題してミニモアイ像への色塗り体験を提供開始する。予約不要で、さんさん商店街内での買い物や観光のついでに自分だけのお土産づくりを楽しめる。カラフルに色を塗ったミニモアイ像は、つい並べて置きたくなる可愛さ。ミニモアイ像は、南三陸町の海水浴場であるサンオーレ袖浜の砂を使っており、南三陸町でのお土産としてもぴったり。

なお、さんさん商店街インフォメーションでは、南三陸町観光協会スタッフが、色塗り体験をサポート。また南三陸町観光協会は、教育旅行等の団体向けのプランとしても、ミニモアイ像の色塗り体験を提供する。詳しくはこちら