2021年12月07日 09:03
d9214-1256-fff69e7da7b191943024-0

朝日新聞社は、スポーツの分野で優れた成果を挙げた個人または団体を顕彰する2021年度「朝日スポーツ賞」を決定した。

「朝日スポーツ賞」は、スポーツの分野で優れた成果を挙げた個人または団体に贈る。1929年に創設した朝日賞(体育部門)、1975年度に独立した朝日体育賞の基本精神を受け継ぎながら、1989年度からは対象をプロにも広げ、「朝日スポーツ賞」としてさらに充実させた。本社内の委員会で年間の記録などをもとに慎重に審議し、受賞者を決定する。

今年度に受賞したのは大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手。投打の「二刀流」が評価され、大リーグのアメリカン・リーグ最優秀選手(MVP)に選ばれた。大谷選手は大リーグで長らく封じられてきた投打同時出場で結果を出し、球史に残るシーズンをつくった。登板した23試合のうち、20試合で打席に入り、今季の活躍には「あのベーブ・ルース以来の記録」といった表現も多用された。野手としては155試合に出場し、本塁打では、松井秀喜さん(ヤンキース)が2004年に記録した日本選手最多の31本を更新し、本塁打王のタイトルまで2本差の46本をマークした。投手では9勝2敗、156奪三振、防御率3・18と、エンゼルスのエース格となって活躍、走っては、ア・リーグ5位の26盗塁を記録した。7月の球宴では、史上初めて投手と指名打者の両方で選出。今季最も活躍した指名打者に贈られる「エドガー・マルティネス賞」などにも輝き、打撃に、投球に、走塁にと、規格外の活躍で、数々の日本選手の記録を作った。

贈呈式は2022年1月28日に東京都内で行われる。

朝日新聞社