2021年12月06日 19:00
7

三井不動産商業マネジメントが運営する三井アウトレットパーク横浜ベイサイドでは、12月16日~19日の4日間、「アウトレット鍋フェスタ」を初開催する。

三井アウトレットパーク横浜ベイサイドでは、これまでベイエリアの施設として、海洋保全活動(Save the Oceanプロジェクト)や子ども向けワークショップなど、SDGsに関するさまざまな活動をおこなってきた。このたび、新たな取り組みとして、フードロスを楽しみながら身近に考えられるイベントを開催。その名も「アウトレット鍋フェスタ」。見た目が悪いなどの規格外野菜や、量や知名度の問題で一般流通が難しい食材などを使って、この季節にぴったりな鍋料理を作り、顧客に販売するサスティナブルなイベントとなる。

冬の定番といえば鍋。このたび、三井アウトレットパーク横浜ベイサイドにキッチンカーを集結させ、訳あり食材を使った「アウトレット鍋」を、4日間限定で販売。食材を提供するのは、もったいない食材を無くすべく、日々工夫をしている生産者・企業となる。その場で食べるも良し、テイクアウトもOK。1日300食限定の特別なイベントとなる。全9種の美味しい鍋であたたまり、楽しみながらフードロス問題を一緒に考えることができる。

三井アウトレットパーク横浜ベイサイドBブロック1Fハーバーゲート前広場にて、12月16日~19日11時~18時開催。※1日限定300食×4日間。※なくなり次第終了。※雨天決行・荒天中止。市場直送の海鮮純豆腐鍋、ヘルシー豆乳チーズ鍋、優しい味わいの味噌紅葉鍋、グツグツ煮込んだ鶏白湯鍋など。