2021年11月30日 12:00
d42481-4-9657cf9ae56ee9c0541d-4

東京ドローンプラスは、農作業用新車体「ZEUS R120」を12月より販売開始する。

「農家さんの農家さんによる農家さんのためのドローン」を提供する同社は、果樹園農家の声に応え、空から地面へサービス提供の範囲を広げる。農薬散布用ドローン「ヘリオスアグリ」の研究開発における知見を活かし、空からの散布が困難なビニールハウスや果樹園での散布をより安全に、より便利で快適な農作業に変革する新車体「ZEUS R120」を販売開始する。

農業における課題の一つに、農薬散布の高コスト・農家の負担の大きさがある。この課題を空から解決する為に生まれたのが、ヘリオスアグリシリーズだ。しかしながら、ハウス栽培や果樹栽培等は、空からの散布は困難。一部の農家からは、この問題を解決して欲しいとの要望があった。新たな課題を解決すべく、車型の農薬散布用ドローンを実現しようと2019年夏より「ゼウスR プロジェクト」がスタート。ドローンと同じように、車を動かすためのプログラム、それを搭載するコンピュータ選びから始まり、車体の改良、プログラムの見直しなど、一から開発・製造に取り組んできた。ただ動かすのではなく、より安全で、より使いやすい車体として試行錯誤し、完成したのが「Zeus R120」となる。

「Zeus R120」は、強・弱モードによる散布量・散布方向の調整が可能。また散布装置の位置もカスタマイズ可能だ。タンクは取り外しが可能で、運搬機としても活躍。カメラ・ライトを搭載し、高性能インテリジェントバッテリーにより、長時間の走行を実現する。

東京ドローンプラス