2021年11月26日 15:30
8

クリップスはキタ・マネジメントとタイアップし、大洲市の特産品を地方創生特化型ライブコマースプラットフォーム「SharingLive」にてライブ配信を行う。

愛媛県大洲市は愛媛県南予地方に位置する市。古くは市内を流れる肱川(ひじがわ)流域を中心に城下町として栄えた歴史を持ち、現在も「伊予の小京都」と呼ばれ、かつての城下町の風情を色濃く残している。川の流れる上流域には酒造や寺社、中流域には名建築、下流域には大洲城と、川を中心としたエリアでは肘川流域の美しい自然が織りなす景観とともに、今なお息づく大洲の文化に触れることができる。

今回の配信では、大洲市内の古民家から、地元ブランド木材の雑貨類や銘酒などの大洲市特産品を配信する。出店事業者のひとつが「酒乃さわだ」。大洲市が誇る銘酒「風の里」を中心に、愛媛県産酒米「松山三井」や肘川の伏流水を使用し、地産地消の酒造りにこだわった養老酒造の清酒やインポートワインなどを取り扱う。今回は、養老酒造「純米大吟醸 鵜洲」と石鎚酒造「石鎚 バンキッシュ」等を紹介する。

SharingLiveは、クリップスが2021年7月より提供する地方創生特化型ライブコマースプラットフォームで、地方と都市部をつなぐ事業を展開。有名番組プロデューサーが企画し、プロの配信者・ライバーによる配信を行うことでクオリティの高い配信を実現している。今回は特産品のPRにとどまらない、大洲市そのもののPRを行う。配信予定日は1回目が11月27日20時~、2回目が11月28日20時~。