2021年11月26日 12:32
d33690-150-f2810bc50955bac6783b-0

KDDIと渋谷未来デザインは、11月26日から、実在都市の渋谷と連携した都市連動型メタバースをイベント会場として1日貸し切り利用可能な「バーチャル渋谷・1DAYイベントパッケージ」を提供開始する。

「バーチャル渋谷」は、KDDI、渋谷未来デザイン、渋谷区観光協会を中心とする73社で組成する「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」が2020年5月に立ち上げた自治体公認のバーチャル事業としては日本初となる、渋谷区公認の配信プラットフォームだ。

昨今、ビジネスやコミュニケーションのデジタル化が進み、ライブ配信などを顧客とのコミュニケーションツールとして活用する企業が増えている。その中で、従来のライブ配信と比較し、より臨場感のあるコミュニケーションが可能な仮想空間「メタバース」への関心も高まってきている。

「バーチャル渋谷・1DAYイベントパッケージ」は、インターネット上に構成される仮想空間でのイベント開催時に必要な演出・配信・出演者のオリジナルアバター作成をパッケージ化し、音楽ライブやスポーツ観戦などのイベント主催者向けにワンストップで提供する。音楽ライブやスポーツ観戦、自社商品・サービスのPR、ファンとのコミュニケーションなどのイベントを、より手軽に企画しやすくなるパッケージプランだ。ファンの目の前にゲストのアバターを登場させるなど、通常のライブ配信とは異なる「メタバース」ならではの臨場感あるイベント演出が可能となる。

提供料金は個別見積もり。提供開始日は11月26日。

詳細はこちら