2021年11月25日 19:44
10

ベルトラは、離農・過疎化が進む山梨県・武川町で自然・農業・宿泊総合施設「マイふるさとコミュニティ・武川ビレッジ」を通した地域活性化をはかるクラウドファンディングプロジェクトの募集を開始した。

平安時代から献上米として名を馳せた「武川米」のふるさと、山梨県北杜市武川町。南アルプスと富士山、八ヶ岳を望み日本の原風景を今に残すこの土地にも、離農・過疎化の危機が迫っている。今回のクラウドファンディングを通じて、大自然や農業を気軽に体験できる宿泊総合施設「マイふるさとコミュニティ・武川ビレッジ」建設のための資金集めを行う。施設では田植えや昔ながらの稲刈りから新米の試食、芋煮会、星空観測会など季節折々の「寄り合いごと」を通して、人と人とが集い、自然と会話が生まれるような「第二のふるさと」づくりを目指していく。

支援へのリターンは14種類。全国最長の日照と清冽な南アルプスの水、有機栽培で育てられた「幻の米」武川米の新米(1kg/3kg/5kg/10kg)のほか、豊かな風土をもつ武川町ならではのユニークなリターンを用意した。武川の田んぼ体験イベント参加(1回/2名まで)3000円、キャンプ講座イベント参加(1回/2名まで)8000円。畑の貸し出し(25平方メートル/1年間)3万円、(2022年の米360kg相当)田んぼ1年間分のお米45万円など。

プロジェクトは2022年2月28日まで実施。目標金額は100万円。

プロジェクト「東京から車で2時間!富士山と南アルプスの麓を「第2の故郷」に!山梨・武川町の仲間になってほしい」はこちら