2021年10月20日 15:56
2

大日本印刷と渋谷未来デザイン、渋谷区立宮下公園の指定管理者の宮下公園パートナーズの3者は、「渋谷区立宮下公園 Powered by PARALLEL SITE(パラレルサイト)」を構築。現実の宮下公園を仮想空間上に高精細に表現し、さまざまなイベントを実施している。

このたび、その第三弾のイベントとして、バーチャルミュージアム「アルスくんとテクネちゃん パラレル・アートパーク」を、10月20日~2022年3月31日に開催する。本イベントは、アートとテクノロジー、テクニックにフォーカスして、旬な現代アート作家を紹介するテレビ朝日の新感覚アート番組「アルスくんとテクネちゃん」の世界観を再現したもの。

番組で紹介した、今、注目の現代アート作家の作品を、宮下公園のバーチャル空間に展示し、パブリックスペースを活用した新たな鑑賞体験、アートのさらなる可能性を発信する。本展覧会の利用者は、バーチャル空間で自身の分身となるアバターとして、番組のナビゲーター「アルスくん」または「テクネちゃん」のいずれかを選んで、無料で自由に鑑賞できる。

バーチャル空間では、ボイスチャットに参加できるほか、本展覧会限定デザインのスタンプで自身の感情を表現できるなど、友人と一緒に鑑賞しながらコミュニケーションを楽しむことも。期間中には、バーチャル空間で、「アルスくんとテクネちゃん」の番組オリジナルグッズを購入できる。詳しくはこちら。。