2021年09月27日 17:37
2

9月27日発売のAERA10月4日号の巻頭特集は「自民党総裁選」。「安倍氏の負の遺産を断ち切るのは誰だ」と題して、自民党の国会議員や政治ジャーナリスト、各界の識者など11人にインタビューした。

第5波がピークアウトしたとされる新型コロナウイルスについても、冬に備えて見直したい「換気の基本」や、子どもの感染についての最新情報を掲載。朝ドラ「おかえりモネ」を巡って盛り上がる「#俺たちの菅波現象」についても独自に分析している。表紙には、セカンドフルアルバムを発売したばかりのヒップホップユニット「Creepy Nuts」が登場。3ページにわたるグラビア&インタビューも掲載している。

9月29日に投開票される自民党総裁選。河野太郎行政改革相、岸田文雄前政調会長、高市早苗前総務相、野田聖子幹事長代行の4人が立候補し「総理の椅子」をかけた多数派工作が続いている。しかし、現政権の支持率が低下、総選挙も控えたいま、「首のすげ替え」的総裁選はあまりにご都合主義。特集では、長く行動を共にした石破さんのもとを離れ、河野さんの推薦人となった衆議院議員の平将明さんや、故加藤紘一元自民党幹事長の三女で岸田さんの推薦人となった加藤鮎子さんに、それぞれの候補を推薦する理由、その先にある「改革」について取材。ジャーナリストの田原総一朗さん、法政大学教授の杉田敦さんには、「新総裁がやるべきこと」や「私たちはこの総裁選とどう向き合うべきか」をインタビューしている。

AERA(アエラ)」10月4日号は定価440円(税込)、9月27日発売。