2021年09月15日 18:14
d7815-1086-6ae7338a4ab89e66026f-0

マイボイスコムは、7回目となる「掃除機」に関するインターネット調査を8月1日~5日に実施し、1万128件の回答を集めた。

同社はインターネット調査を中心に提供している伊藤忠グループのリサーチ会社。今回の調査結果によると、掃除機を使って掃除をする人は約85%。「週1回以上」が6割強、男性5割強、女性8割弱となっている。ロボット掃除機主利用者では、「週4回以上」が他の層より高い傾向だ。所有している掃除機のタイプは(複数回答)、「キャニスター型・紙パック式」が43.6%、「スティック型」が40.4%、「キャニスター型・サイクロン」が31.8%となっている。過去調査と比べて、「スティック型」「ロボット掃除機」は増加傾向、「キャニスター型」は減少傾向にある。

所有している掃除機の台数は、「1台」が掃除機所有者の49.6%、「2台」が32.7%。「一戸建て・2階建て」「一戸建て・3階以上」居住者では、2台以上所有している人が6割を超える。主に利用している掃除機のメーカーは、「パナソニック」「ダイソン」「東芝」「日立」が各10%台。過去調査と比べて、「ダイソン」が増加傾向だ。

掃除機購入時の重視点は(複数回答)、「本体価格」が60.0%、「吸引力」が55.7%、「本体の大きさ・重さ」が46.0%、「ゴミの捨てやすさ」「手入れのしやすさ」が各4割弱。今後最も購入したい掃除機のタイプは、「スティック型」が37.0%、「キャニスター型・サイクロン」「キャニスター型・紙パック式」が各10%台となっている。

詳しい調査結果はこちら