2021年09月14日 16:47
5

静岡県東南アジア駐在員事務所 は、ドローンの遠隔操作体験ができるバーチャルイベント「Mt. Fuji Drone Challenge in Asagiri」を、9月9日に開催した。本イベントは、シンガポール向けインバンド需要喚起の取り組みとして行われたもの。

対象は、午前中はシンガポールのメディア、インフルエンサー、旅行会社、午後は現地一般参加者。あさぎりフードパークをオンラインで繋ぎ、シンガポールからモニター越しに富士山の麓でドローン遠隔操作を体験。また、静岡の名物であるお茶のブレンドティ体験、酒蔵ツアーなど、インタラクティブな体験を提供し、その様子をFacebookでライブ配信した。

ドローン遠隔操作では、Red Dot Drone Pte Ltdの共同創業者、平川彰さんが参加者にレクチャーを行った上、参加者それぞれがドローン遠隔操作を体験。ブレンドティ体験では、シンガポールの会場に実際の商品を提供し、参加者もオリジナルのブレンドティー作りを体験した。

ライブ配信では、視聴者数が120名超、9月13日時点での再生回数が1700回を突破。コメント欄にも「いつか静岡に訪れてみたい」「ドローンの遠隔操作を体験してみたい」「富士山やあさぎりフードバークにも訪れてみたい」といったコメントが多数寄せられた。Facebook Liveアーカイブ動画はこちら