2021年07月30日 16:42
13

クロスプラスは、ゲーム&スマホ向けうつ伏せクッション「NeOchi PillOw(ねおちピロー)」から、大きさが約半分の「NeOchi PillOw MINI」を発売する。

「NeOchi PillOw」は、同社アパレル・デザイナーが、昨年の外出自粛期間中に1日13時間ほど「あつまれ どうぶつの森」をプレイし、身体への負担を感じた経験からできるだけ気持ちよく長時間ゲームを楽しむために考えられたアイテム。うつ伏せでのゲームやスマホ利用時に体重がかかりやすい腕の負担をカバーする形状と硬さを考慮しており、一般のクッションや枕と比べ、胸に負担や腕への負担を与えにくくなっている。

ゲームやスマホ鑑賞に疲れたらそのまま寝落ちできるよう、枕の中心に円形の穴が空いているデザインも大きな特徴。内部には流動性の高いビーズを使用し体にフィット感を考えた立体構造。体重を支える側面部や底面部と肌が触れる表面部で生地素材を変えることで、身体を支えるフィット性と肌への快適性を実現している。2020年8月クラウドファンディングサイトにて当初目標額の1400%を達成し、約2800人のサポーターから支援を獲得。2020年12月より一般販売を開始し、大きな話題となった。

今回のミニは、通常サイズの約半分の大きさになっているため、在宅ワークや、デスクワーク中に机の上や椅子の上でそのまま休憩することも可能。持ち運びできるサイズなので、自宅だけでなく職場や旅行先など、より多くのシーンで利用することができる。