2021年07月28日 12:11
d2372-1676-ccdcb366f0718641217d-0

主婦の友社は、7月27日、「シールでペタペタ あ!うまれた おうちせいきょういくえほん」を発売した。

「赤ちゃんってどうやってできるの?」。子どもからそんな疑問を投げかけられたら、性教育の始めどき。とはいえ、「やっぱり恥ずかしい」「どうやって伝えたらいいの?」という親は多い。そこで、伝えづらい赤ちゃんができる仕組みのことを、精子や卵子のシールをペタペタはりながら親子で楽しく学べる「シールでペタペタ あ!うまれた おうちせいきょういくえほん」が誕生した。伝えにくい性のこともシール絵本ならシールをはりながら、赤ちゃんができる仕組みを子どもに伝えられる。

「おうちせいきょういくえほん」の監修をつとめるのは、医師夫婦・アクロストン。「赤ちゃんってどうやってできるの?いま、子どもに伝えたい性のQ&A」、「思春期の性と恋愛 子どもたちの頭の中がこんなことになってるなんて!」(ともに主婦の友社)などの著書もある、いま注目の性教育コンテンツ制作ユニットだ。作・絵は「Sassy」、「あそびのおうさま」シリーズの絵本を手がけているLa ZOOが担当する。シールをはりながら絵本を読みすすめるうちに、赤ちゃんができる仕組みがわかる仕掛けになっている。2歳から楽しめるポップな絵柄も魅力で、親子で楽しく性のことを学べる。

定価は1540円(税込)。発売日は7月27日。

Amazon