2021年07月21日 16:51
1

日本労働調査組合は、全国の20~49歳で会社員の男女516名を対象に「ブラック企業に関するアンケート」を実施した。

まず「勤めている会社はブラック企業だと思いますか」という質問には、「思う」が31.2%、「思わない」が48.6%、「わからない」が20.2%の結果となった。2014年に連合が実施した調査によると、ブラック企業だと「思う」と回答した人は26.9%、「思わない」と回答した人は73.1%だった。今回の調査では「思う」と回答した人が4.3ポイント増、「思わない」と回答した人は24.5ポイント減(当調査では「わからない」の中間設問を用意)となった。

また、勤めている会社はブラック企業だと思いますか?という質問の年代別比率は、「思う」と回答した「20代」が33.9%、「30代」が33.5%、「40代」が25.9%。若い世代ほどブラック企業だと「思う」の回答が多く、上の年代ほど「思わない」の回答が多くなっている。40代は勤続年数が長かったり、役職者だったり、若い世代に比べれば、自身で働きやすい環境を作りやすいと考えられる。また若い世代と上の世代での働き方、特に時間の使い方に関する意識の変化が数字に表れている様子が伺い知れる。

あなたが思うブラック企業の定義を教えてくださいという質問には、第1位が「サービス残業」で36.9%だった。第2位が「ハラスメント」で17.2%、第3位が「長時間労働」で15.8%、第4位が「残業が多い」で13.7%と続く。カテゴリ別の内訳比率は、第1位が「労働時間」で69.1%、第2位が「ハラスメント」で29.6%、第3位が「休日」で19.5%、第4位が「給与待遇」で17.7%だった。詳しくはこちら