2021年06月10日 12:21
d52858-25-191768-0

DAIZは、重光産業が運営するラーメン店チェーンの味千拉麺にて「ミラクルミート」を使った「ミラクルミートの餃子」を6月10日より熊本県内10店舗にて先行販売する。

これまでの植物肉に使用されてきた主原料は大豆搾油後の残渣物(脱脂加工大豆)であったため、味と食感に残る違和感、大豆特有の青臭さや油臭さ、肉に見劣りする機能性(栄養価)といった課題が残っており、本格的な普及の妨げとなっていた。DAIZの植物肉は、原料に丸大豆を使用。さらに、独自の発芽技術によって、これまでの課題を解決する植物肉「ミラクルミート」の開発に成功した。

今回、味千拉麺が先行販売する「ミラクルミートの餃子」は、肉を使用せず植物肉「ミラクルミート」を使った植物性の餃子。ヘルシーなのに満足感のある味わい、旨味たっぷり、クセになる美味しさの餃子に仕上げた。将来的には国内の71店舗の味千ラーメンに加えて、中国・香港を中心に日本式ラーメンや日本料理を展開している味千中国控股有限公司(Ajisen China Holdings)が展開する海外740店舗での販売展開も目指す。

提供内容と価格は、「焼き餃子(5個入、320円)」を注文した人へミラクルミートの餃子を1個無償提供、「焼き餃子(10個入、630円)」を注文した人へミラクルミートの餃子を2個無償提供、ミラクルミートの餃子(5個入、320円)を単品で販売(すべて税込)。先行販売店舗は、熊本県内の味千ラーメン(直営8店舗)+桂花ラーメン(直営2店舗)。

DAIZ