2020年11月30日 09:07
d68863-5-329176-0

よーじやグループが展開する「よーじやカフェ」は、宇治の抹茶と厳選素材を使用したクレープを販売する「YOJIYA CAFE お茶のクレープ」を11月30日にオープンする。

創業116年の「よーじや」は、京都の花街の舞台化粧などで愛され、「京の美意識」を守り育んできた。今では京都土産としても人気の「あぶらとり紙」だけでなく、基礎化粧品やコスメなど幅広い商品を展開。本物を志向する姿勢を大切に京都の地で歩んできた。そんなおもてなしの心を大切にして生まれた「よーじやカフェ」は、現在京都市内で2店舗営業しており、今回テイクアウト限定のクレープ専門店として二条麩屋町に「YOJIYA CAFE お茶のクレープ」をオープンする。

同店が販売するクレープ「お茶のクレープ[抹茶]」は、生地、クリーム、白玉に京都・宇治の抹茶を使用。クレープ生地はもっちり食感を出すため2種類の小麦粉をオリジナルブレンドした。クレープの中には、こだわりの抹茶の白玉、抹茶クリームとプレーンクリーム(白)は3種類の生クリームをブレンド、そして毎朝お店で焼き上げるオリジナルパイをアクセントに入れた。クレープの上には茶道具の「茶筅」と「茶碗」のイラストの抹茶をトッピング。「上品なお抹茶」をコンセプトに、食事の前後にも食べられるよう、サイズにもこだわり何度も食べたくなる抹茶本来の味を堪能できるクレープを目指した。

価格は「お茶のクレープ[抹茶]」750円(税込)。場所は京都市中京区二条麩屋町東南角。オープン日は11月30日。

よーじやカフェ