2020年11月20日 13:51
d32297-122-408858-1

横浜市と渋谷区は、本日、グローバル拠点都市の形成及びオープンイノベーションの実現について協力することにより、地域の活性化に資することを目的として、連携協定を締結した。

両者は、7月に国の「世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点形成戦略」について、自治体・企業・団体等から成る東京コンソーシアムの一員として「グローバル拠点都市」に選定された。これを契機に、横浜市が提唱する「イノベーション都市・横浜-YOXO-」と、渋谷区が提唱する「渋谷区産業・観光ビジョン」の実現を目指し、それぞれの特徴を活かしながら、スタートアップ・エコシステムの形成、海外企業誘致、オープンイノベーションの推進などで、相互に協力・連携し情報交換や交流を促進することで、共に世界に伍するグローバル拠点都市の形成を図る。

連携協力事項は、「スタートアップ・エコシステムの形成に関すること」、「両者のグローバル拠点都市への成長に必要な海外企業誘致施策に関すること」、「両者を世界有数のオープンイノベーション地域にするための施策に関すること」、「上記の事項に関連し有益な機会となる情報交換及び交流の促進に関すること」、「その他、相互に協力することが必要と認められること」。

協定の期間は11月18日~2021年3月31日まで(以後、1年間ごとに更新)。

グローバル拠点都市について