2020年07月31日 12:09
d62802-1-399119-4

立命館アジア太平洋大学(APU)は、7月29日、日本語学習サポートアプリ「TOBIRA」サバイバル編の配信を開始した。

このアプリは、立命館アジア太平洋大学(APU)の言語教育センター(CLE)の日本語科教員が開発したAPUオリジナル日本語学習テキスト「日本語5つのとびら(サバイバル編)」(凡人社)をベースにコンテンツをアプリ化したもの。入学前の外国人留学生(国際学生)が、このスマートフォンを使った手軽な学習環境の提供により、日本語に親しみを持ってもらい、日本到着後スムーズに日本の生活や日本語学習を始められるようにすることが狙いだ。9月入学の外国人留学生約450名(予定)から、入学前学習としてこのアプリを利用推奨を開始する。日本語学習に興味がある人なら、誰でも利用できる。

これまでAPUでは、開学20年来、多様な母語を持ち、入学時点の日本語力にもばらつきがある国際学生(英語基準)に、より効果的に日本語学習をしてもらうため、オリジナル日本語学習テキストを作成するなど、多文化環境における日本語教育に力を入れてきた。このアプリを入学前の国際学生に提供することで、気軽に、遊びも含めた日本語への親しみを促し、入学後の日本語学習への適応度を高めることを目指している。

費用は無料。App StoreまたはGoogle Playで「TOBIRA」で検索してインストール。配信開始日は7月29日。

立命館アジア太平洋大学