2020年06月26日 17:49
7

Bay Works Tokyo Fishingは、今夏新艇を導入。ウィズコロナ時代に、都心で楽しめるレジャーとして注目される貸切船での釣行が、さらに快適に楽しめるようになった。

このたびのコロナ禍で、県境を越えての移動自粛や、密閉・密集・密接を避けた行動が求められ、休日に楽しめるレジャーが減る中、開放的な貸切船でのルアーフィッシングは、船上で乗船者以外に接触がなく、「3密」を避けて楽しめるアクティビティとして、改めて注目を集めている。

同船は、2016年の創業以来、釣り上級者はもちろん、小さな子ども連れを含むファミリー層や、東京都心でのアクティビティを求める外国人観光客など、釣り未経験・初心者も多数乗船。2019年だけで100組以上の初心者グループが乗船した。釣り道具のオールレンタル対応で手ぶら乗船が可能、初心者対応経験も豊富な若手船長が好評となっている。

今回、新艇導入に伴い、これまで以上に安心して、また快適に釣りを楽しめる環境を整えた。舷が大人の膝上の高さまであるため、小さな子どもも安心。水洗トイレ、真水タンク完備で女性も快適に利用できる。ソファースペース完備で休憩時もリラックスできるのも特徴。また、いけす完備で釣れた魚を新鮮なまま持ち帰ることも可能に。自動操縦マシンや最新の魚群探知機なども完備しており、ベテランアングラーも楽しめる。詳しくはこちら