2020年05月14日 17:47
8

インフルエンサーマーケティングを行なっているiMarke は、憧れのタレントから自分宛ての動画が届く、メッセージ動画ギフトサービス「cuee(キュー)」のβ版の提供を開始した。

cueeとは、YouTuberやモデル、アーティスト・インフルエンサーなどをはじめとした「タレント」から、自分宛ての動画を購入できるサービス。ユーザーは自分が好きなタレントに対して動画制作のリクエストを行い、当選すると動画が届く仕組みとなっており、β版での登録タレントは50名を突破した。

代表の藤井さんは、登録者数15万人のYouTubeチャンネルを運営していた元YouTuber。生計を立てるのが難しく、登録者数が伸びきるまでに辞めてしまう仲間を多く目にして、「個を表現、そして個の価値を最大化できるプラットフォームがあれば、そんな人たちを減らせるかもしれない」と考え、cuee を立ち上げたという。

cueeの特徴は、大多数に向けた動画ではなく、「自分宛の」動画を購入できること。自分宛の動画なので、動画の内容についても希望を出すことができる。誕生日のお祝い、受験勉強中の応援メッセージ、闘病中の励ましなど、自分の状況に応じたメッセージが届く。大切な家族や友人へのサプライズプレゼントとして利用することも可能。結婚式の余興や、誕生日プレゼントなどにも活用できる。