2020年03月26日 11:59
d48998-55-430140-0

コクヨは、教育専門家へのインタビューを通して、親子の学びに役立つ情報を発信する親子応援メディア「かきほめノート」を3月25日に開設した。

「かきほめノート」は、2019年7月に販売を開始した「しゅくだいやる気ペン」のプロジェクトから生まれた親子応援メディア。「しゅくだいやる気ペン」は、スマートフォンのアプリと連動して、子どもの日々の努力を「見える化」することで、学習への意欲を高めていくために開発された商品だ。

「しゅくだいやる気ペン」のメインユーザーは、小学生の子どもたちと、日々子どもたちの学びをサポートしたいと願う親たち。発売以来、84%のユーザー親子が効果を実感している。同時に、子どもたちのやる気を持続させるためには、親がどのように子どもと接するか、どのような言葉を伝えるかが重要であることが分かってきた。

「かきほめノート」では、日々試行錯誤している親たちに、学びの導き手である多彩な教育専門家へのインタビューをとおして、家庭学習に役立つ記事を届けていく。第1回目は、京都造形芸術大学教授・副学長をつとめる本間正人さんに話を聞く。本間さんは、日本ではじめて国際コーチ連盟資格を取得したコーチングの第一人者でもあり、コーチングを土台にしたコミュニケーションを親子関係に活用するヒントを教えてもらう。

公開日は3月25日。更新は月1~2回を予定。

かきほめノート