2020年03月26日 11:55
d37550-6-400538-0

クリスプは、同社が運営するカスタムサラダ専門店「CRISP SALAD WORKS」全14店にて、3月25日より新型コロナウイルスと闘う全ての医療従事者と病院勤務者にサラダの無償提供を開始する。

クリスプの創業ブランドであるクリスプ・サラダワークスは、美味しくて満足できるサラダを、一つひとつ手づくりで提供するカスタムサラダ専門のレストラン。現在は、カスタムピザ専門店「アール・ピザ」を含め、麻布十番、六本木ヒルズ、広尾など東京中心に15店舗を展開する(3月25日現在)。

いま、世界中の多くの人が新型コロナウイルス(COVID-19)の蔓延に苦しみ、また見えない不安を抱えている時だからこそ、同社は最前線で働く医療従事者への支援が重要であると考えている。そこで、同社にできる支援の一環として、3月25日より「CRISP SALAD WORKS」全14店にて新型コロナウイルスと闘う全ての医療従事者と病院勤務者(医師・看護師・事務職員・清掃スタッフなど)にサラダを無償で提供する。

医療関係者向けサラダ無償提供プログラムは、公式モバイルオーダーアプリ「クリスプAPP」から事前に店舗と好きなサラダを選択し、カート画面でプロモーションコード(hero+日付)を入力すると1日1点まで無料で注文ができる。また、店頭ピックアップの際に医療従事者・病院勤務者であることを証明するIDをスタッフに提示してもらう。

クリスプ