2020年02月14日 17:30
3

アイリスオーヤマは、シンプルで統一感のあるデザインを採用した既発売の家電8機種をブラックとホワイトの二系統にラインアップした「BLACK LABEL(ブラックレーベル)」「WHITE LABEL(ホワイトレーベル)」を新たに展開する。

アイリスオーヤマは2009年より家電事業に本格参入して以降、「なるほど家電」をコンセプトに、炊飯器やクリーナーなどの小型家電を発売し、2017年からはルームエアコンをはじめ、ドラム式洗濯機、4K対応液晶テレビなどの大型家電を発売している。総合家電メーカーとして、デザイン性の高い家電8機種を新たに「BLACK LABEL」「WHITE LABEL」シリーズとして展開。インテリアに馴染み、本体の黒とカッパー(銅色)で存在感を演出する「BLACK LABEL」と、シンプルで清潔感のある「WHITE LABEL」の2シリーズを提案する。

BLACK LABEL・WHITE LABELのコンセプトは、新生活にピッタリなシンプルデザイン。同じトーンの家具で統一しておしゃれで落ち着きのある部屋にする。販売アイテムは、冷蔵庫・洗濯機・炊飯器・オーブンレンジ・スチームトースター・電気ケトル・全自動コーヒーメーカー・スティッククリーナー。

冷凍冷蔵庫は税込3万9800円。全自動洗濯機は税込4万9800円。銘柄炊きIHジャー炊飯器は税込1万1800円。オーブンレンジは税込2万800円。ほか全自動コーヒーメーカー8980円など。