2020年02月06日 15:10
d5794-1596-701285-0

資生堂は、がん治療の副作用による外見上の変化に対し、スキンケアやメイクアップによってカバーする男性向けの美容情報やテクニックをまとめた小冊子「男の整容本」を、世界がんデーにあわせて2月4日に発行した。

同社はこれまで、医療機関やがん支援団体などと共に、美容情報を研究・構築しメイクアップアドバイスを実施してきた。2019年10月に発刊された女性向け美容情報の小冊子「がん患者さんのためのBeauty Book」に続き、「男の整容本」は男性のために美容情報をまとめた。

がん治療などの副作用による外見上の変化(肌や頭皮の乾燥、眉の脱毛など)は男性にも現れる。肌がデリケートに感じる、眉毛が脱毛してまばらになった、指のひび割れや手の乾燥など、治療の副作用はさまざま。「男の整容本」では、化粧に不慣れな男性に試してもらえるように簡単でわかりやすいテクニックや美容情報をまとめた。

現在、治療技術の進歩や早期発見により、がんと向き合って過ごす期間が長くなる傾向にあり、就労をしながら通院しているがん患者も増加。そのため、男性も外出時やビジネスシーンなどで外見の変化を意識する人が多く、カバーメイクアップの必要性はさらに高まってきている。

なお、がん患者のみならず情報を必要とする多くの人に届けられるよう、資生堂ライフクオリティーメイクアップサイトからの閲覧やダウンロードも可能にした。

価格は無料。

資生堂ライフクオリティーメイクアップサイト