2020年01月14日 16:16
1

2月15、16日に、新国立劇場中劇場にて、NBAバレエ団が「ホラーナイト」を上演する。「ドラキュラ」はブラム・ストーカー原作「吸血鬼ドラキュラ」の出版100周年を記念して、1996年にミルウォーキー・バレエ団の芸術監督マイケル・ピンクがバレエ化。音楽はフィリップ・フィーニー、装置、衣装はマシュー・ボーンとのコンビで知られるレズ・ブラザーストンという第一線のクリエイターたちが結集して作り上げた超大作となっている。

振付のマイケル・ピンクはロンドンフェスティバルバレエ(現在のイングリッシュ・ナショナル・バレエ)でダンサーとして活躍後、ミルウォーキー・バレエ団の芸術監督を務め、古典名作バレエの再振付の他、「ピーター・パン」や「ドリアン・グレイ」なども振付けている。

NBAバレエ団では2014年に日本初演を果たし、芸術監督・久保紘一さんが第69回文化庁芸術祭舞踊部門新人賞を受賞した。今回は再演を望む声に応え、8月の全幕上演に先駆けプレビュー公演として第一幕を上演する。2月15日14時と16日14時の公演では、主役のドラキュラ役に英国ロイヤルバレエ団よりプリンシパルの平野亮一さんをゲストに迎える。

「狼男」の振付は、今注目の若手振付家であり、バレエダンサーでもある宝満直也さん。2016年オン・ステージ新聞若手振付家ベスト1を受賞し、2017年には新国立劇場バレエ団からNBAバレエ団に移籍。舞台で活躍する傍ら、振付家としても数多くの作品を発表し、高い評価を得ている。2月15日18時の回ではドラキュラ役も演じる。詳しくは NBAバレエ団ホームページへ。