2019年06月11日 14:59
5

Webサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」および「TOBICHI東京」では、このたび漫画家・土田世紀さんの特集を行う。

17歳のときに「未成年」でデビューして以来、途切れることなく数々の傑作を生みだし、代表作は映画やテレビドラマにもなり、ファンや作家たちの間では「ツッチー」の愛称で親しまれた漫画家、土田世紀さん。彼は7年前の2012年4月、まだまだこれからという43歳のとき、肝硬変で突然この世を去ってしまう。

Webサイトほぼ日刊イトイ新聞では、「漫画家 土田世紀のこと。」として特集をくむとともに、土田マンガ2作品、第1話をまるごと公開。また青山にある「ほぼ日」のギャラリー「TOBICHI(とびち)東京」では、6月15日(土)から、土田世紀さんの特別な原画展「土田世紀飛びこむ原画展」を開催。代表作の第一話をスライドで鑑賞する小さな上映館も用意される。詳しくはこちら