2019年05月23日 09:23
d20192-16-789303-4

サントリー食品インターナショナルは、「水曜日は、みずようび」プロジェクトを、5月29日から開始する。

サントリーグループは、「水と生きる」ことを社会との約束と位置づけている。同社が2018年に発表した「サントリーウォーターレポート」では、水を飲むことは「健康によいと思う」人が年々増加する傾向にあることが分かった。そこで、「サントリー天然水」は、一週間の中日でもある水曜日を「みずようび」と定め、水曜日は飲み物を水にして、自分らしく有意義な時間や健康的で楽しい日々の生活を過ごせるように様々な提案をしていく。

「水曜日は、みずようび」プロジェクトでは、人々が自分らしく有意義に過ごす時間や、健康的で楽しい日々の生活をサポート。毎週水曜日に、ジョギングやサウナ、「サントリー天然水(550ml)」1本を使ったレシピ公開などの様々な提案をする。

公式サイト(5月29日オープン)